トップ > 鍼(はり)の歴史

鍼(はり)、鍼治療(はりちりょう)は、主に中国医学やその影響を受けた伝統医学(チベット医学やモンゴル医学)の理論に基づいて専用の鍼(針)を用いて皮膚・筋肉などを刺激することにより生理状態を変化させ、病気を治療する医術。
鍼(はり)の歴史のコンテンツ一覧

鍼(はり)の歴史

鍼の元は石器時代の古代中国において発明されたといわれている。砭石(へんせき)とよ...

鍼(はり)の歴史

鍼の元は石器時代の古代中国において発明されたといわれている。砭石(へんせき)とよばれるこの鍼の元は主に膿などを破って出すのに使われた。