トップ > はり師になるには > はり師になるには

はり師になるには

はりは、特殊な金属針でツボを刺激することによって自然治癒力を促進。きゅうは、ツボにもぐさを置いて燃やし、熱刺激を与える温熱療法。ともに、生活習慣病や事故後の後遺症などに有効な治療法としてニーズが高い。また、副作用が少ないとあって病院などでも東洋医学による治療を行っているケースもある。
 東洋療法の技術向上が求められるなか、1993年より、はり師・きゅう師とも厚生労働大臣によって免許が与えられる国家資格となった。試験はともに、筆記のみで実技は行われない。試験科目は、医療概論(医学史を除く)、衛生学・公衆衛生学、関係法規、解剖学、生理学、病理学概論、臨床医学総論、臨床医学各論、リハビリテーション医学、東洋医学概論、経絡経穴概論、東洋医学臨床論に加え、はり師が、はり理論、きゅう師が、きゅう理論となっている。ただし両資格を同時に受ける場合は、はり理論またはきゅう理論以外の共通科目については、受験者の申請によりその一方の試験が免除される。
 経験が重視される施術医療であるため、学校卒業後は治療院などで腕を磨き、適切な施術ができる能力を修得する。自宅などで開業することも比較的容易であるため、経験を積んだ後に独立開業する有資格者も少なくないが、技術が勝負の厳しい世界でもある。

この記事のカテゴリーは「はり師になるには」です。
東洋療法の技術向上が求められるなか、1993年より、はり師・きゅう師とも厚生労働大臣によって免許が与えられる国家資格となった。
関連記事

はり師になるには

はりは、特殊な金属針でツボを刺激することによって自然治癒力を促進。きゅうは、ツボ...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「はり師試験 」です。

この記事のカテゴリーは「はり師試験問題集」です。

この記事のカテゴリーは「はり師になるには」です。

この記事のカテゴリーは「はり師試験 」です。

カテゴリー
サイト内検索